【かわいい&おしゃれ】多色ボールペンおすすめランキング7選

mori
こんにちは!「7rank」編集部のmoriです。
多色ボールペンは学生から社会人まで多くの方が愛用しています。1本で何色も使い分けでき、ペンケースがかさばらずに済むのでとても便利な文房具ですよね。

そんな多色ボールペンはメーカーによって、様々なタイプが出ており、指へのフィット感や書きやすさも異なってきます。

せっかく使うなら、使いやすいものがいいですよね。特長を知って、迷わず選べるようにしていきましょう。

ここでは、多色ボールペンの選び方おおすすめの多色ボールペンをランキング形式でご紹介していきます。ぜひピッタリの多色ボールペンを見つけてみてください。

【かわいい&おしゃれ】多色ボールペンを選ぶ際の3つのポイント

ここでは、多色ボールペンを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。わかりやすいように3つにポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

多色ボールペンを選ぶ際のポイント①:芯のサイズは0.5mmが一般的

ボールペンの芯のサイズは用途に合わせて選びましょう。芯のサイズは大きく分けて0.5mm、0.7mm、1mmなどがありますが、0.5mmが一般的です。

芯のサイズが小さくなるにつれて、にじみにくく、小さい文字が書きやすくなります。使い勝手がいいサイズを選んでみてください。

多色ボールペンを選ぶ際のポイント②:必要な色を明確にしておく

ボールペンの色の数は3色や4色などが人気ですが、多ければ良いというものではありません。

色の種類が多くなると1本で使える色が増え、ペンケースがかさばらずに済むので、持ち運びにも便利ですが、多くても使わなければ意味がありません。

あらかじめ色の使い分けを決めておくことで、何色必要なのかがわかるのでおすすめです。

また、自分で好みの色をカスタマイズできるものやシャーペン機能もセットになっているタイプもあるので、必要に応じて選ぶようにしましょう。

多色ボールペンを選ぶ際のポイント③:インクの種類で選ぶ

インクによって書きやすさや発色の良さなどが異なってきます。インクの種類にはそれぞれ特徴があるので、以下の表で確認しましょう。

油性 にじみにくく、裏うつりしにくい。
水性 書き味がなめらかで、発色がいい。
ゲル 油性と水性の両方の特性がある。
フリクション こすると消えるので書き直しができる。

【かわいい&おしゃれ】多色ボールペンおすすめランキング

ここでは、かわいい・おしゃれと人気の多色ボールペンのおすすめランキングをご紹介していきます。

思わず書きたくなる、そんなかわいくて、おしゃれな多色ボールペンがあったら作業もはかどりますよね。よかったら、お気に入りの商品を見つけてみてください。

1位:多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5【三菱鉛筆】

価格 1,000円(税抜き)
備考 サイズ:軸径 直径13.7×厚さ18.5×全長148.8mm。ペン先:0.5mm。インク色:黒・赤・青・緑。ラインナップ:ライトピンク・ピンク・パープル・ボルドー・ネイビー・ブラック。

三菱鉛筆のジェットストリーム 4&1 0.5は、ジェットストリームの4色ボールペン+シャープペンタイプ。滑らかで、クセになる書き味がポイントです。

従来のインクの約2倍の密度を実現したことでくっきり、はっきりとした描線が可能です。またインクが乾きやすい仕様になっているので、手が汚れにくくなっています。

 

2位:フリクションボール4 0.5mm 【パイロット】

価格 800円(税抜き)
備考 サイズ:最大径φ13.8mm・全長 145mm。ペン先:極細0.5mmボール。インク:フリクションインキ。インク色:黒・赤・青・緑。方式:スライドレバー式。ラインナップ:ピンク・ライトブルー・シャンパンゴールド・ブラック・ボルドー・ダークブルー・ブラウン・ホワイト。

パイロットのフリクションボール4は、こすると消える4色ボールペンです。手帳や資料などの細かい箇所の書き込みに最適です。

摩擦熱でインクを消すため、消しカスが出ず、鉛筆やシャープペンシルの消し跡に比べて消し残りが非常に少ないのも特長です。 またクリップはオリジナルのリフトクリップを使用していて、厚いものでもしっかり挟むことができます。

 

3位:フリクションボール3 0.38mm【パイロット】

価格 600円(税抜き)
備考 サイズ:最大径φ13.8mm・全長 145mm。ペン先:超極細 0.38mmボール。インク:フリクションインキ。インク色:黒・赤・青。方式:スライドレバー式。ラインナップ:ソフトピンク・ラベンダー・ミントグリーン・シルバー・グレー。

パイロットのフリクションボール3は、グッドデザイン賞を受賞した、こすると消える3色ボールペンです。

0.38mmの超極細タイプなので、手帳やちょっとしたメモなどの細かい記入に最適です。

1本で3色を使い分ける事が出来、何度でも書き消しができるので、間違えても修正液などで訂正する必要がありません。

 

4位:ドクターグリップ4+1 0.5mm【パイロット】

価格 1,000円(税抜き)
備考 サイズ:最大φ14.1mm・全長148mm。ペン先:極細0.5mmボール。インク:アクロインキ(油性)。インク色:黒・赤・青・緑。方式:スライドレバー式。ラインナップ:グレー・ラベンダー・シェルピンク・アイスブルー・ミントグリーン。

パイロットのドクターグリップ4+1は、4色とシャーペンが一緒になった多色ボールペンです。

滑らかに濃く書ける「アクロインキ」が使用されていて、摩擦抵抗を軽減したことでスムーズな筆記を可能にしています。

「疲れにくいペン」として、定番のドクターグリップを1本でシチュエーションに合わせて、使い分けできるのがポイントです。

 

5位:ビクーニャ多機能ペン3+S 0.5mm【ぺんてる】

価格 550円(税抜き)
備考 サイズ:18×13×144mm。ペン先:極細0.5mmボール。インク:ビクーニャインキ(油性)。インク色:黒・赤・青。方式:スライドレバー・ノック式。ラインナップ:ブラック・レッド・ブルー。

ぺんてるのビクーニャ多機能ペン3+Sは、シャーペンつきの3色ボールペンです。メモ書きの際の色分けやシャーペンとしても使えるのが特徴です。

書き心地はなめらかで、どこまでも書き続けたくなるような感触です。また、グリップには指とのフィット感を高め、より滑りにくい形状の指紋ピッチグリップが使われています。

 

6位:ハイテックCコレト 本体ボディ 4色用【パイロット】

価格 200円(税抜き)
備考 サイズ:最大径φ11.9mm・全長140mm。方式:スライドレバー式。本体ラインナップ:ノンカラー・透明ブルー・透明ピンク・透明ブラック。レフィルインク:ゲル。※レフィルは別途購入。

パイロットのハイテックCコレトは、自分でカスタマイズできるペンです。自分で好きな色をセットできるのが魅力的です。

方法はフタを開けてレフィルを入れ替えるだけの簡単操作でオッケーです。レフィルの種類が多いので使用できる色の幅が広がります。

 

7位:クリップ-オン スリム 3C【ゼブラ】

価格 300円(税抜き)
備考 サイズ:軸径10.8×全長143.1mm。ペン先:0.7mm。インク:油性。インク色:黒・赤・青。方式:スライドレバー式。ラインナップ:黒・青・パステルグリーン・パステルピンク・パステルオレンジ・白・透明。

ゼブラのクリップ-オン スリムは、スリムタイプの3色ボールペンです。多色ボールペンってどうしても太くなりがちですよね。

でも、このクリップ-オン スリム3Cなら、多色ボールペンとは思えないぐらいの細さで、女性にも扱いやすくなっています。

手帳、ポケット、ペンケースなど収納にも勝手がいいのが魅力的です。

 

まとめ

いろんな多色ボールペンがたくさんありましたが今回の記事はいかがでしたか?
書き心地がいいのはもちろん重要ですが、かわいくておしゃれな多色ボールペンを選ぶなら、デザイン面や発色の良さも大切ですよね。

ペン1つで気分が変わって、きっと効率的に進められますよ。
この記事であなたが、最高の多色ボールペンを選ぶことができればうれしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です