【疲労回復】コンビニでも買える栄養ドリンクおすすめ7選!

marin
こんにちは「7rank」編集部のmarinです。

昨夜は早めに床に就いたはずなのに朝から体がダルイ。頭がぼんやりして午後からの仕事がなんだかツライ。残業続きで体はヘトヘト。

疲労困憊で体は休みたがっているのに、片づけなきゃいけない仕事が山積み状態…。そんな多忙なときは、栄養ドリンクをクイッと一本飲み干して、ファイト一発!力を奮い立たせたりしますよね。

ここでは、忙しい仕事中でも手軽にコンビニで買えるおすすめの栄養ドリンク7選を紹介します。ここ一番の勝負のための1本を見つけてくださいね!

栄養ドリンクを選ぶ際の3つのポイント

みなさんは栄養ドリンクを購入するとき、何を基準にして選んでいますか?ここでは、コンビニで売られている栄養ドリンクを選ぶ際に見極めたい3つのポイントについてご紹介していきます。

栄養ドリンクを選ぶ際のポイント①成分で選ぶ

コンビニで販売されている栄養ドリンクは、ドラッグストアで取り扱っている生薬などが配合された医薬品とは違い、タウリン、ビタミンB群が主な成分の医薬部外品となっています。医薬品とは違い作用は穏やかですが、まだまだ頑張らなければいけないときの疲労回復のサポートをしてくれます。

タウリン

タウリンは肝機能を強化してくれるため疲労回復に効果があると言えます。また、脳疲労回復、精神疲労回復、不眠症の改善にも効果があります。

ビタミンB群

ビタミンB群は、脳や神経などに働きかけるほか、糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変換する働きをしてくれるため、疲労回復に効果があると言われています。

カフェイン

疲労回復の効果は期待できませんが、交感神経を刺激し集中力が高まるため「疲労感」を取ることができます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーの中には滋養強壮に効果がある必須アミノ酸、疲労回復に効果があるミネラル類とビタミンB群が豊富に含まれています。

栄養ドリンクを選ぶ際のポイント②症状で選ぶ

疲労感

疲労回復には、ビタミンB群、タウリン、グルクロノラクトンが有効です。エネルギー生成を促すビタミンB群、疲労回復に効果があるタウリン、解毒作用を助けてくれるグルクロノラクトンなどが含まれている栄養ドリンクを選びましょう。

夏バテ

夏バテには、ビタミンB群(特にビタミンB1)、クエン酸が含まれている栄養ドリンクが効果的です。疲労物質である乳酸の分解や抑制効果が期待できます。

発熱などの体力消耗

発熱などで体力消耗をしたときには、免疫力をあげつつ栄養補給をすることが大切です。また、風邪薬との飲み合わせにも気にならないノンカフェイン処方のものを飲むようにしましょう。

眼精疲労・肩こり

眼精疲労には、視神経を正常に働かせるビタミンB1・B2が含まれている製品が効果に期待できます。γ-オリザノールや筋肉の痛みを緩和させるコンドロイチン、オキソアミヂン末が含まれている製品が良いでしょう。

ストレスによる自立神経の乱れ

ストレスによる自立神経の乱れを調整するなら、疲労回復効果のあるビタミンB群、免疫力を上げる人参エキス、しっかりと栄養補給ができるローヤルゼリー、血液循環の改善が期待できるビタミンEなどが配合された栄養ドリンクを選ぶようにしましょう。

栄養ドリンクを選ぶ際のポイント③分類で選ぶ

医薬品

医薬品に分類されている栄養ドリンクは、薬効成分が多いため「薬」の扱いになっています。そのため、薬剤師か登録販売者がいるドラッグストアなどでは販売されておりますが、コンビニでは販売されておりません。しかし、最近では登録販売者がいるコンビニも増えており医薬品の栄養ドリンクが手に入りやすくなっています。

医薬品部外品

医薬品と比較して、作用が穏やかで副作用も少ないためコンビニ、スーパー、ネット販売などで購入することができます。医薬品と比較して効果の期待は低いですが、ローヤルゼリーやプロポリスなどのような医薬品には含まれない疲労回復効果のある成分を含んだ栄養ドリンクもたくさん販売されています。

清涼飲料水

医薬品、医薬部外品の栄養ドリンクは薬事法に基づいた分類となっていますが、清涼飲料水は食品衛生法に基づいて作られた飲料となっています。含有成分による効果や効能を保障しているわけではないため、それらについての表記も記載されておりません。栄養補給や眠気覚ましなどに飲用すると良いでしょう。

コンビニで買える栄養ドリンクおすすめランキングBest7

上記でご紹介した3つのポイントを元に、コンビニで買える栄養ドリンクをランキング形式で紹介していきます。是非、参考にしてみてください。

1位:ユンケルローヤルF(佐藤製薬)

価格 3本セット 2755円(税込み)
備考 内容量:50ml テイスト:ビタミン系

医薬部外品としては最も多い10種類の生薬を配合しているため、コンビニで購入できる最強の栄養ドリンクと言えます。コウジン流エキス、オウセイ流エキス、ローヤルゼリーなどの生薬にタウリン、ビタミンB群が配合されており、滋養強壮、肉体疲労、栄養補給のあらゆる効果を期待できる本格派栄養ドリンクです。値段は高価なため毎日手軽に飲むよりも、疲れが溜まっているとき、徹夜仕事などのここ一番のときに飲むと、効果が増幅して体の芯から力がみなぎること請け合いです!

2位:アリナミンV&V(武田薬品)

価格 2本セット 1259円(税込み)
備考 内容量:50ml テイスト:ビタミン系

アリナミンシリーズの中でも、ビタミンB群とビタミンB1誘導体であるフルスルチアミノ塩酸の含有量が多い商品です。フルスルチアミノ塩酸は、疲労を回復するビタミンBの効果を更に高めてくれるため、夏バテなどの慢性的な疲労によく効きます。1本50mlの中にタウリンが1500mgも配合されています。薬品の匂いが口の中に広がるため、気分的にも疲労に効果があるように感じられます。

3位:キューピーコーワαドリンク(興和株式会社)

価格 10本セット 1773円(税込み)
備考 内容量:100ml テイスト:ビタミン系

滋養強壮効果のあるエゾウコギエキスとオキソアミヂンがW配合されているので、からだ全体の疲れとだるさに大変効果があります。値段はリーズナブルで、同じ価格帯の中では一番おすすめしたい栄養ドリンクです。100mlの内容量にタウリンが1500mgも入っているのも魅力的なポイントです。くせがなく飲みやすい味です。妊娠中、授乳中の方も安心して飲めます。

4位:ゼナF0-ジンジャー(大正製薬)

価格 470円(税込み)
備考 内容量:50ml テイスト:ビタミン系

風邪に効果的な生姜(ショウキョウ)、桂皮(ケイヒ)、陳皮(チンピ)などの生薬が配合されています。ノンカフェインで風邪薬と一緒に飲んでもカフェインの過剰摂取にならず、就寝前でも安心して飲むことができます。発熱で体力が消耗したときの栄養補給に、是非飲んでおきたいドリンク剤です。しつこい風邪で長引くだるさを感じる時などに服用すると、個人的な差はありますが、体がスッキリと軽くなります。

5位:新グロモントA(ライオン)

価格 10本セット 842円(税込み)
備考 内容量:100ml テイスト:フルーツ系

新グロモントAは、タウリン配合の他のドリンク剤とは違って、グルクロノラクトンを主成分としています。グルクロノラクトンは、肝臓の働きを良くして、疲れのもととなる体内の老廃物の排出をサポートしてくれます。お酒を飲んだ後には、おすすめの栄養ドリンクです。飲みやすいフレッシュフルーツ味なので、汗を流した後のエネルギー補給にも適しています。

6位:ユンケルローヤルC2(佐藤製薬)

価格 10本セット 3616円(税込み)
備考 内容量:30ml テイスト:フルーツ系

1本あたりビタミンCが500mg入っているので、風邪予防のために飲んでおきたい栄養ドリンクです。滋養強壮に有用なオウセイ流エキス、ローヤルゼリーがしっかりと配合されているため、肉体疲労に優れた効果を期待できます。甘酸っぱくて飲みやすいため、食欲がないときの栄養補給に最適です。女性にも嬉しい低カロリーな商品です。

7位:スイッチリゲイン(三共製薬)

価格 6本セット 1880円(税込み)
備考 内容量:100ml テイスト:フルーツ系

スイッチリゲインは、「スイッチリゲインA」と「スイッチリゲインK」の2種類がシリーズとしてファミリーマート限定で販売されています。「スイッチリゲインA」は、健脳効果があるアミノ酸(BCAA・アルギニン)が配合されており、頭を刺激的に働かせたいときに最適です。「スイッチリゲインK」には、2000mgのタウリンが配合されているため、肉体疲労回復に役立ちます。瞬発力を発揮したいときに選びたいシリーズ商品です。

まとめ

コンビニで買える疲労回復に効果のある栄養ドリンクを紹介しました。
シーンによって自分にあった一本を飲むようにしてください。
疲労は貯めずに、栄養ドリンクを飲んで即効パワーをチャージしちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です