【歯周病&口臭対策】歯医者が選ぶ歯磨き粉おすすめランキング7選

mori
こんにちは!「7rank」編集部のmoriです。
一般的に歯磨きをする際に使用することが多い歯磨き粉。歯磨き粉によって効果は様々で、歯周病予防・虫歯予防・ホワイトニングなどたくさんの種類があります。

食後の口腔内の掃除だけでなく、人に会う前などは口臭ケアにもなりますよね。

そんな歯磨き粉ですが、選ぶときはどういう基準で選んでいますか?適当に選んでいませんか?

同じ歯磨き粉でも含まれている成分によって効果は異なりますし、同じようなタイプの歯磨き粉をよく見かけますよね。せっかく使うなら、効果が期待できる、しっかりした歯磨き粉を使いたいですよね。

歯磨き粉の特徴を知ることで、あなたに合った商品を見つけやすくなりますよ。

ここでは、歯周病や口臭対策にピッタリの歯磨き粉の選び方とおすすめの歯磨き粉をランキング形式でご紹介していきます。よかったら参考にしてみてください。

【歯周病&口臭対策】歯磨き粉を選ぶ際の3つのポイント

ここでは、歯周病や口臭対策に使える、歯磨き粉を選ぶ際の3つのポイントをご紹介していきます。あなたにピッタリの歯磨き粉を選ぶことができるように以下の項目を見ていきましょう。

歯周病や口臭対策の歯磨き粉を選ぶポイント①:歯周病に効果的な成分配合の歯磨き粉を選ぶ

歯周病対策には、歯周病に効果的な成分が入った歯磨き粉が必要です。有効な成分として、クロルヘキシジン(グルコン酸クロルヘキシジン、塩化クロルヘキシジン等)、CPC(塩化セチルピリジニウム)、トリクロサン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)等が上げられますので、パッケージの成分表にあるか確認しましょう。

また歯周病が進行すると象牙質が露出し虫歯になりやすくなります。フッ素が配合されていると虫歯対策にもなります。

歯周病や口臭対策の歯磨き粉を選ぶポイント②:低発泡なもの選ぶ

歯磨き粉には磨きをスムーズにするために発泡剤が含まれています。発泡剤で泡立ちがよくなりますが、磨いたつもりになって汚れが十分に落ちていないケースが多いです。ジェルタイプなど粘性が高い歯磨き粉を使うことで、長く口の中に留めておくことができます。

歯周病や口臭対策の歯磨き粉を選ぶポイント③:研磨剤は少ないものを選ぶ

ほとんどの歯磨き粉に研磨剤が含まれており、「リン酸水素カルシウム」や「炭酸カルシウム」という成分名で表示されています。研磨剤は歯の表面を滑らかにすることで歯垢や着色汚れを落とし、歯をツルっとさせることができますが、研磨剤がはいっていることで、歯を傷つけてしまいます。

また知覚過敏の方にとっては、研磨剤入りの歯磨き粉は、刺激が強く感じられる可能性があります。歯周病対策には、研磨剤なし、またはできるだけ少ないものを選びましょう。

【歯周病&口臭対策】歯医者が選ぶ歯磨き粉おすすめランキング

歯磨き粉選びは、歯の健康を考える上でとても大切です。適切な歯磨き粉を使うことで、きっと口内環境が変わってくるでしょう。

ここでは、歯周病や口臭対策用として歯医者が選ぶ歯磨き粉のおすすめランキングをご紹介していきます。よかったら参考にしてみてください。

1位:コンクール ジェルコートF 90g

価格 895円(税込)
備考 商品サイズ(幅×奥行×高さ):50mm×31mm×100mm。内容量:90g。薬用成分:フッ化ナトリウム950ppm、塩酸クロルヘキシジン0.05%、ポリリン酸ナトリウム(キレート剤)。約200~300回分。

コンクールジェルコートF90gは、歯科医推奨の歯科専売品で、むし歯の発生及び進行・歯周炎(歯槽膿漏)・歯肉炎の予防、口臭の防止ができる歯磨き粉です。

高い殺菌力とフッ素コートが歯のすみずみまでゆきわたり、歯の再石灰化を促進、歯を強くします。

また、爽やかなマイルドミント味と研磨剤や粘膜を傷つけやすい発泡剤が無配合なことで、お口に刺激を与えにくくなっています。

 

2位:ConCoolリペリオ

価格 1,068円(税込)
備考 成分:OIM加水分解コンキオリン(湿潤剤)、塩化ナトリウム(薬用成分)、ビタミンE(抗酸化剤)、生薬(清涼剤)。内容量:80g。

ConCoolリペリオは、歯茎のトラブルに特化した歯磨き粉です。

効果としては次にあるように、歯周炎(歯槽膿漏)・歯肉炎の予防、口臭・虫歯の防止がのぞめます。

塩化ナトリウムが歯茎を引き締めるので、歯茎の痩せが気になっている方にピッタリです。

発泡剤無配合なので、しっかり口中を磨いてきれいにすることができます。

 

3位:リカル センシティブ オレンジミント

価格 538円(税込)
備考 内容量:70g。成分:湿潤剤(ソルビット液、濃グリセリン)、溶剤(精製水、エタノール)。基剤(無水ケイ酸)、甘味剤(キシリトール)、有効成分(硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、フッ化ナトリウム(フッ素)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)、塩化セチルピリジウム(CPC)、β-グリチルレチン酸、イソプロピルメチルフェノール(IPMP))、pH調整剤(ケイ酸ナトリウム、水酸化ナトリウム)、可溶剤(ポリオキシエチレン効果ヒマシ油)、粘結剤(キサンタンガム、カラギーナン)、洗浄剤(ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液)、香味剤(香料:オレンジミントタイプ)、安定剤(酸化チタン)、清涼剤(I-メントール)、矯味財(アロエエキス(2)、β-シクロデキストリン、チャ乾留液)、防腐剤(バラベン)、着色剤(黄酸化鉄)。

リカル センシティブ オレンジミントは、歯茎がしみるのを防いでくれる歯磨き粉です。

効果としては、歯肉炎・歯周炎の予防、虫歯の発生及び進行の予防、口臭の防止が期待できます。

フッ素濃度が高く、低研磨・低発泡仕様になっています。しっかり磨ける上に刺激が少ないのが高評価を得ています。

ただし、着色料が入っているので長期間の使用は、歯に色がつく可能性があるので注意です。

 

4位:Check-Up gel【ライオン】

価格 449円(税込)
備考 内容量:60g。ラインナップ:ミント・グレープ・ピーチ・レモンティー・バナナ。研磨剤無配合。

Check-Up gelは、高濃度フッ素が配合されている歯磨き粉です。

虫歯予防により効果的で、多くの歯医者さんがすすめる商品です。

味は5つから選べ、バナナのみフッ素濃度が低くなっているので、うがいが苦手なお子さん用として最適です。

研磨剤が無配合で歯磨き粉とは思えない甘いテイストがポイントです。

 

5位:オーラルケア アパガードリナメル 120g

価格 2,100円(税込)
備考 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :43x190x34。原産国:日本。内容量:120g。

オーラルケア アパガードリナメルは、とても磨きやすく、スッキリすると好評の歯磨き粉です。

ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが、むし歯や歯周病の原因となる歯垢をからめとり、お口をきれいにしてくれます。

刺激が少ないだけでなく、磨きやすく、歯の表面にツヤが出てきます。

 

6位:パックスナチュロン ハミガキ

価格 545円(税込)
備考 原産国:日本。内容量:120g。商品サイズ(幅X奥行X高さ):155*48*32(mm)。成分:炭酸カルシウム(研磨剤)、水、グリセリン(湿潤剤)、シリカ(基剤)、石ケン素地(洗浄剤)、スペアミント油、ハッカ油、ユーカリ油(清涼剤)、トコフェロール(天然ビタミンE)、茶エキス、甘草エキス(矯味剤)、カラギーナン(増粘剤)。

パックスナチュロン ハミガキは、お口の中を健やかに保つ甘草エキス、天然ビタミンEなどを配合した自然派歯磨きです。

効果としては、ムシ歯・口臭・歯石の沈着を防ぎ、歯垢の除去が期待できます。

また特徴としては、合成界面活性剤が使用されておらず、配合されている成分は人体にやさしいので、ナチュラルな使い心地がポイントです。

泡は立ちませんが、その分しっかり磨けるので、汚れを落とせます。

 

7位:薬用しろえ歯磨きジェル

価格 1,880円(税込)
備考 内容量:50g。医薬部外品。

しろえ歯磨きジェルは、歯科医師推薦のホワイトニング歯磨き粉です。和漢植物など12種類の厳選した植物エキスを配合し、合成界面活性剤や発泡剤は使用されていません。

そのため唾液の力を妨げず、お口や歯ぐきの健康を守ることができます。また、研磨剤にも歯のエナメル質を傷つけにくい微粉末シリカを使用し、歯の黄ばみや汚れをやさしく取り除きます。

天然派の歯磨きでむし歯、歯周病、口臭なども予防にもおすすめです。

 

まとめ

歯周病や口臭対策のための歯磨き粉をご紹介しましたがいかがでしたか?
泡立ちがあまり良くないものがランキングに入っていたのは意外でしたか?
泡立ちがいいと確かにスムーズに磨けますが、磨いたつもりでも実はあまり磨けていないことが多かったりします。

ぜひこれを機会に、しっかり磨ける歯磨き粉で歯や口腔内を快適にしてみてくださいね。
あなたが最適な商品を手にすることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です