【カールからストレートまで】最強のヘアアイロンおすすめ7選

haru
こんにちは「7rank」編集部のharuです。

髪をカールさせたりストレートにしたり、いまやヘアアイロンはヘアスタイルを作るのに欠かせないアイテムです。最近はお洒落のためだけでなく、身だしなみを整えるために購入する人も増えてきています。

ヘアアイロンと一言でいっても、ストレートアイロンやカールアイロン、2WAYタイプなどたくさんの種類の商品が売られていて、選ぶのに一苦労してしまいますよね。

ここでは自分に合ったヘアアイロンを選ぶ3つのポイントや、おすすめのヘアアイロンをランキング形式で紹介していきます。

ヘアアイロンを選ぶ際の3つのポイント

家電量販店や通販には多くの種類のヘアアイロンが売られています。
ここでは、数多くの中からヘアアイロンを選ぶ際に見極めたい3つのポイントをご紹介していきます。

ヘアアイロンを選ぶポイント①種類別でヘアアイロンを選ぶ

一口にヘアアイロンといっても、形状はさまざまです。自分の髪や使用目的に応じて選ぶようにしましょう。

・ストレートタイプ

くせを伸ばして髪をストレートにするのがストレートタイプのヘアアイロンです。
ストレートアイロンはただくせを伸ばすだけではなく、毛先をハネさせたり、丸みを付けたり、後れ毛や波ウェーブにすることも出来ます。また、前髪を巻くのにも重宝する人も多いようです。

・カールタイプ

髪をくるくるとカールさせるのがカールタイプのヘアアイロンです。
カールタイプのヘアアイロンはサイズがさまざま。ショートヘアであれば、19mm~32mmを選びましょう。カールをしっかりつけたい場合には19mm、ワンカールでふんわり仕上げたい場合には32mmなど、作りたいスタイルに合わせて選ぶ必要があります。
ミディアムからロングであれば、32mm前後を選ぶのが一般的です。強いカールをつけたいなら28mmを、ゆるいカールを出したいのなら34mm~38mmがおすすめです。

・ブラシタイプ

ブラシ状になっていてクシのようにとかすだけで髪の表面を綺麗に整えることができるのがブラシタイプのヘアアイロンです。
挟んで伸ばしたり巻きつけたりする手間がないので、ヘアアイロン初心者や時短を望む主婦の方にもおすすめです。また、ブラシ状になっているので火傷をしにくいというメリットもあります。

・2WAYタイプ

2WAYはその名の通り、ストレートもカールも両方のアレンジが楽しめるヘアアイロンです。
顔周りはまっすぐ、毛先はくるくる巻きたいというガーリーなヘアスタイルも、このアイロン1台あれば作ることができます。
しかし、2WAYタイプのヘアアイロンは火傷しやすい形状になっているため、初心者さんや前髪、顔の周りのスタイリングをする際には細心の注意が必要です。

ヘアアイロンを選ぶポイント②温度調整ができるヘアアイロンを選ぶ

温度調整ができるものから、一定の温度が決まっているものまでさまざまですが、基本的にストレートにしてもカールにしても、しっかりとくせを付けたいのであれば180℃がベストです。
髪のダメージを抑えたいからといって低い設定を選ぶと、くせがつきにくく、長時間使用することにより、結局髪にダメージを与えることになってしまいます。
最近は、温度が幅広く調整できる商品も増えてるので、自分の髪に合う温度がわからない場合は、低温から高温まで調整できるものを選ぶと良いでしょう。

ヘアアイロンを選ぶポイント③プレートの素材でヘアアイロンを選ぶ

ヘアアイロンに使われているプレートの素材にはいくつか種類があります。プレートの素材によっても、耐久性や価格が変わってくるのでチェックしておきましょう。

・テフロン

テフロンは髪との摩擦が少なく滑りが良いのが特長です。
しかし、長期間使用するとテフロンが剥がれてきてしまうのが欠点。テフロンが剥がれたままの状態で使用していると、髪にダメージを与えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

・セラミック

セラミックは熱伝導が良いので、プレートがすぐに温まるのが特長です。
耐久性もテフロンよりしっかりしていますが、髪との摩擦が大きいので滑りにくく、初心者さんには少し扱いにくい印象があるかもしれません。

・チタン

チタンは髪への摩擦が最も少なく、プレートの耐久性にも優れています。その分価格は高くなりますが、髪のダメージ軽減を考えるなら最もおすすめの素材です。

ヘアアイロンおすすめランキング

上記で紹介した3つのポイントをもとに、おすすめのヘアアイロンをランキング形式で紹介していきます。是非、参考にしてみてください。

1位:クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 26mm

価格 4,861円(税込)
プレート イオンチタニウム
温度 120~210℃

第1位はクレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 26mm!
この商品は、操作性と耐久性の両方を兼ね備えていて、実際に美容室でも使用されているカールアイロンです。
プレートの表面は、髪滑りが良く耐久性の高いイオンチタニウム加工を採用。ロッド部分には、弾性に優れたイオンシリコンラバーがついていて髪に優しくフィット。
弾力のあるカールを簡単につくることができ、髪に美しいツヤを与えます。髪質に合わせて120度から210度まで調整可能なので、しっかりくせ付けができます。

2位:Areti ストレート カール ヘアアイロン i628BK

価格 5,480円(税込)
プレート チタニウムチタン
温度 80~200℃

この商品は、業界最細といわれる15mm幅プレートを採用しているストレートアイロンです。プレートの幅が細いため、顔周りや前髪、男性の髪にもおすすめ!
また、ハイパワーヒーター搭載で温度は80℃~200℃まで5℃ずつ調整可能。チタニウムコーティングプレートからイオンが出るため髪の水分蒸発を軽減し、ダメージを抑えることも可能です。
海外対応も◎。15分無操作で自動電源OFF機能もついているため、万が一、切り忘れた場合も安心です。

3位:サロニア 2WAYストレート&カール 32mm 

価格 3,054円(税込)
プレート セラミック
温度 100℃~220℃

サロニア 2WAYストレート&カールは、2WAYアイロンの常識を覆してしまうほどのハイスペック商品です。
100℃から220℃まで5℃ずつ温度調節することができる上に、超高速加熱のため短時間で一気に温度を上げることができます。
また、ワンタッチでストレートとカールの切り替えができ、加熱にムラなく使用できます。イオンの力で髪を労わりながらスタイリングが可能。ツヤのあるスタイリングを作り出します。
通常のストレートアイロン、カールアイロンと同等のスペックを持ちながら1台2役できる高コスパアイテムです。

4位:アゲツヤ コームヘアアイロン

価格 3,218円(税込)
プレート トルマリン加工
温度 120~220℃

アゲツヤ コームヘアアイロンは、ブラシ部分で髪をとかすだけで、綺麗なストレートヘアにすることが出来るブラシタイプのヘアアイロンです。
髪を挟み込まないコーム型なので、高温による髪へのダメージも軽減してくれます。また、プレート部分に直接触れない設計になっていて、初心者や不器用さんも火傷をする心配がないのも嬉しいポイントですね。
マイナスイオンが出る特殊プレートになっているので、髪をコーティングしながらキューティクルを保護してくれます。

5位:サロニア ダブルイオン ストレートアイロン

価格 2,685円(税込)
プレート チタニウムプレート
温度 120~230℃

ダブルイオン ストレートアイロンは、名前のとおり2ヶ所からマイナスイオンを放出するストレートアイロンです。
プレートと噴射口の2ヶ所から集中的にマイナスイオンを放出し、髪の毛をケアしながらセットすることができます。
温度上昇はスピーディーで、立ち上がりから素早く目的の温度に到達するので、忙しい朝のヘアセットの際も嬉しいですね。サロンレベルの230℃まで温度が上昇するので、くせ毛の強い人や梅雨の時期など、しっかりとくせ付けしたい時にぴったりです。

6位:Trèsutopia ストレートヘアブラシ

価格 3,799円(税込)
プレート 金属セラミックヒーター
温度 120~230℃

Trèsutopia ストレートヘアブラシは、たったの40秒で180℃まで即座に加熱するブラシタイプのヘアアイロンです。
髪をとかすだけで縮れのないストレートヘアが実現。ブラシのヘッド部分は周りが熱くならない加工がされており火傷の心配もありません。
温度範囲もブラシ型には珍しく130 °C~230 °C と高温設定も可能。髪質が細め、太め、くせ毛、ショートヘア、痛んでいる髪などさまざまな髪質の人におすすめです。

7位:KUPEERS コードレスミニヘアアイロン

価格 3,999円(税込)
プレート セラミック
温度 120℃~170℃

KUPEERS コードレスミニヘアアイロンは、旅行や雨の日のお出かけなど、持ち歩きにおすすめのストレートアイロンです。
コードレスアイロンでありながら、3D加熱プレートにより全ての髪が均一に加熱され自然な美しいヘアスタイルを作り出すことができます。また、スマホ用のモバイルバッテリーとしても利用できるため、アイロンを使用しない時も有効活用することができます。
温度は120℃・140℃・170℃の3段階で、2~3時間の充電で約30分間使用することができます。セラミックヒーターは即加熱されるので、外出先でも短時間でヘアセットができる優れものです。

まとめ

いかがでしたか?
ヘアアイロンを選ぶ3つのポイントとおすすめのヘアアイロンについてまとめました。
ご紹介した3つのポイントを参考に使用用途や価格などと照らし合わせながら、自分に合ったヘアアイロンを見つけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です