【肌に優しい】ノンケミカルな日焼け止めおすすめ7選!

marin
こんにちは「7rank」編集部のmarinです。

みなさん、UVケアは毎日欠かさずしていますか?手足や頭皮は、服や帽子などの布地で覆い隠すことで紫外線をカットすることはできますが、顔となるとそういうわけにはいきませんよね。日傘でも紫外線対策にはなりますが、やはり日焼け止めを塗るのが一番効果のあるUVケアになります。

でも毎日頑張って顔に日焼け止めを塗っていると、肌への刺激が強くてピリピリ痛みを感じたり、保湿力が奪われてカサカサしてしまうといった肌の悩みを抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、お肌に優しくておすすめしたいノンケミカルな日焼け止め7選をご紹介します。照りつける陽射しは気にせず、肌トラブルには悩まされず、もっと外へ出かけましょう!

お肌に優しい日焼け止めを選ぶ際の3つのポイント

一般的な日焼け止めには、紫外線によるダメージを防ぐ薬剤として2種の有効成分が配合されています。

・紫外線吸収剤
紫外線のエネルギーを吸収して、肌に浸透させない。肌の上で化学反応が起こるため、肌への負担が大きく肌トラブルの元になる。t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、トキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾンなどの化学成分が配合されている。

・紫外線散乱材
紫外線を散乱・反射して跳ね返す。化学反応を起こさないため肌に優しく、クレンジングを使わなくても石鹸で落とすことができる。酸化亜鉛、酸化チタンなどの金属成分が配合されている。

お肌に優しいノンケミカルと言われている日焼け止めは、紫外線散乱材のみを使用したものになります。以下に、ノンケミカルな日焼け止めを選ぶポイントを紹介していきます。

お肌に優しい日焼け止めを選ぶ際のポイント①肌を刺激する添加物が少ないものを選ぶ

紫外線吸収剤が含まれていないノンケミカルな日焼け止めであっても、肌への刺激をできるだけ少なくするために添加物にも注目してください。香料、防腐剤、界面活性剤などが配合されていないものを選ぶと良いでしょう。また、金属アレルギーの人は、紫外線散乱材成分(酸化亜鉛、酸化チタン)がコーティングされているものがおすすめです。購入前に商品パッケージや公式HPなどで確認しておきましょう。

お肌に優しい日焼け止めを選ぶ際のポイント②使用感が良く白浮きしないものを選ぶ

一般の日焼け止めと比べて、ノンケミカルな日焼け止めは伸びが悪く白浮きが気になるところです。これは、紫外線吸収剤がテクスチャーの伸びを良くしているため、紫外線吸収剤が配合されていないノンケミカルな日焼け止めは伸びが悪く、紫外線散乱材として使われている酸化亜鉛や酸化チタンが白い色をしていることとによるものです。日焼け止めは毎日使いたいものですから、塗る際に面倒さを感じさせないような、使用感が良くて白浮きのしないものを選ぶようにしましょう。
ただし、中には使用感と白浮きの問題を解消するため、紫外線散乱材をナノ粒子化したものを配合しているも製品あります。粒子が小さいと肌内部へと浸透してしまう懸念があるため、ナノ粒子を使っていないものを選んでください。

お肌に優しい日焼け止めを選ぶ際のポイント③SPF、PAの値で選ぶ

日焼け止めには、SPF、PAというUVカット効果の度合いを示す指標があります。

  • SPF…日焼けやシミの原因となる紫外線B波を防ぐ効果の大きさを表しています。
  • PA …シワやたるみの原因となる紫外線A波を防ぐ効果の大きさを+の数で表しています。

これらの数値が高いほど紫外線ケア効果も高くなるのですが、値が高くなるほどお肌への負担も大きくなります。通勤や通学などの日常生活レベルであればSPF30/PA++以内のものでも十分に紫外線を防いでくれます。レジャーなどの炎天下で活動する際には、こまめに塗り直しをしながら、日傘や帽子なども併用して紫外線対策をしてください。

お肌に優しいノンケミカルな日焼け止めおすすめランキングBest7

上記でご紹介した3つのポイントを元に、お肌に優しいノンケミカルな日焼け止めをランキング形式で紹介していきます。是非、購入前の検討に役立ててください。

1位:ウェアルーUV(HANAオーガニック)

価格 4320円(税込み)
備考 SPF30/PA++ 30ml

100%天然成分から作られたノンケミカルな日焼け止めです。防腐剤も当然ながら天然成分を使用しており、肌へのダメージを心配することなく使うことができます。また、ナノ化原料は未使用の上、紫外線散乱材は植物由来成分でコーティングされてます。白浮きや被膜感もなく、天然のミネラルパウダーが光反射をコントロールしてファンデーションにはない透明感を得ることができます。さらに、オーガニックローズを含む6つの花精油が配合されているため、潤いのある肌へと導いてくれます。日焼け止めだけでなく、化粧下地、ファンデーション、日中美容液としての機能をもつ優秀なアイテムです。

2位:岡田UVミルク(無添加工房OKADA)

価格 3888円(税込み)
備考 SPF20/PA++ 50g

合成界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、防腐剤、合成安定剤、シリコーン、合成ポリマーなどのケミカルな成分が一切配合されていない天然成分由来100%の日焼け止めです。口に入れても問題ないほどの食品にも使われているレベルの植物由来のエキスを使っています。赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使うことができます。ベタつきや白浮きすることもなく化粧下地としてもおすすめです。植物由来の美容成分がたっぷり配合されているので、紫外線ケアをしながら保湿もしっかりとしてくれます。

3位:UVラグジュアリーデイクリームII(ブルークレール)

価格 5130円(税込み)
備考 SPF23/PA++ 35g

紫外線だけでなく、花粉、PM2.5、ロングUV-A、ブルーライト、近赤外線までプロテクトする優れものです。合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料などケミカルな成分は配合しない徹底的な「無添加」にこだわっています。また、酸化チタン・酸化亜鉛はナノ粒子不使用で天然由来成分でコーティングされています。整肌成分、天然植物成分、ビタミンC誘導体を豊富に配合しているので、お肌の潤いを長時間保ってくれます。白浮きもしない使いやすい日焼け止めです。

4位:ヘヴンヴェール(キャメロン&ガブリエル)

価格 3456円(税込み)
備考 SPF45/PA++++ 30g

ノンケミカルな日焼け止めにもかかわらず、アウトドアのレジャーにも対応できる高SPF/PAのお肌に優しい商品です。界面活性剤は完全不使用なので皮脂や汗で崩れにくくなっています。また、ナノ粒子散乱材とシリコーンなどは使われていないのですが、白浮きもせずに伸びが良いのが特徴です。ウォータープルーフでも石鹸で簡単にオフできます。厳選された美容成分を贅沢に配合しているので美容液のような効果も期待できます。

5位:エーデルワイス UVプロテクト(ヴェレダ)

価格 2484円(税込み)
備考 SPF38/PA++ 50ml

合成保存料、合成香料、鉱物油は一切使用せず、100%の天然由来成分で紫外線をしっかりとカットしてくれます。エーデルワイスエキスをはじめとする植物エキスと植物オイルの保湿効果で肌の潤いが一日中続きます。テクスチャーは伸びがよく白浮きせずに透明感のあるナチュラルな仕上がりが期待できます。ナノ粒子は含有していません。生後1ヶ月の赤ちゃんや妊婦さんでも使用できる日焼け止めです。

6位:ニベアサン プロテクトウォーターミルク マイルド SPF50+(花王)

価格 521円(税込み)
備考 SPF50+/PA+++ 30ml

ニベアサンシリーズの中でも紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めです。ノンケミカルであるのにSPF50+/PA+++で紫外線カット効果が格段に高くなっています。ドラッグストアでも手に入れることができて、お値段もお手頃価格です。サラッとしたミルクタイプで、べたつき感がなく、ヒアルロン酸が配合されているため紫外線による乾燥も防いでくれます。ノンアルコール、無香料、無着色で肌に負担をかけません。

7位:キュレル UVミルク SPF30(花王)

価格 1620円(税込み)
備考 SPF30/PA++ 30ml

乾燥敏感肌を考えて作られたノンケミカルな日焼け止めです。セラミド成分が配合されており、紫外線によるダメージを防ぎながら肌荒れしにくい潤い肌に保ちます。また、日やけ後のほてりを植物由来の消炎剤が防いでくれます。サラッとしたつけ心地で、伸びが良く白残りもしないので、化粧下地として使うのもおすすめです。無香料、無着色、アルコールフリーで日焼け止め特有の匂いもありません。

まとめ

肌に負担をかける紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルな日焼け止めを紹介しました。
市場では、使い心地が良く、化粧下地としても使えて、お肌に嬉しい美容成分が入っている製品が増えてきています。日焼け止めは1年通して毎日使いたいものだから、自分に合ったものをよく吟味して選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です