【衣類をお手入れ】洋服ブラシおすすめ7選!

marin
こんにちは「7rank」編集部のmarinです。

毎日洗濯をしないスーツ、制服、コート、セーターなどのお手入れはどうしていますか?時々、ドライクリーニングに出したり、おしゃれ着洗剤で洗ったりする人が多いと思われますが、洋服ブラシでサッとブラッシングをするだけで、ホコリや花粉などの汚れを取り除き、繊維の流れを整えることができます。また、テカリや毛玉を防止して、見た目も、手触りも良くなるのが分かります。

洋服ブラシで衣類をブラッシングすると、クリーニング代も節約できて経済的にもお得ですし、生地に負担をかけないため大切な服を長持ちさせることができます。

今回は、衣類を長持ちさせる使いやすいおすすめの洋服ブラシ7選をご紹介します。洋服ブラシでお手入れすることを毎日の習慣にしてみませんか?!

洋服ブラシを選ぶ際の3つのポイント

衣類にも色々な生地のものがあるため、どの洋服ブラシを選べばよいのか悩んでしまうかもしれません。ここでは、洋服ブラシを選ぶ3つのポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください。

洋服ブラシを選ぶ際のポイント①ブラシの素材で選ぶ

洋服ブラシには、主に「馬毛」と「豚毛」の2つの種類があります。

馬毛

馬毛のブラシは、柔らかくしなやかでキメの細かい毛質で、デリケートな衣類に適しています。薄手のウール、カシミアなどのニットや傷つきやすい革製品などに使えます。

豚毛

豚毛のブラシは、ハリ・コシがある硬めの毛質が特徴です。目が細かく詰まった厚みのある生地に適しています。スーツ、ウール素材のコート、スウェード素材のジャケットなどに使えます。黒豚毛はコシが強く、白豚毛は比較的しなやかな毛質になっています。

洋服ブラシを選ぶ際のポイント②生地によって選ぶ

衣類の生地によって、適している洋服ブラシを選ぶようにしましょう。

  • ウール…ハリ・コシのある豚毛のブラシが向いています。
  • スウェード…専用ブラシか豚毛のブラシが向いています。
  • カシミア…カシミア専用のブラシを選んでください。
  • 毛皮…毛皮専用のブラシを選んでください。カシミア用でも代用できます。
  • 着物…着物専用ブラシを選んでください。カシミア用でも代用できます。
  • 革…柔らかな馬毛のブラシが向いています。高価ですが山羊のブラシもおすすめです。

洋服ブラシを選ぶ際のポイント③ブラシの形状で選ぶ

ブラシの形状は、「持ち手のあるタイプ」、「掴むタイプ」、「携帯タイプ」があります。手に負担がかからない軽いものを選ぶのがポイントです。

持ち手のあるタイプ

玄関、クローゼットなどに吊るして保管をしておきたいのなら、持ち手のあるタイプが良いでしょう。持ち手部分に吊るすための穴があいています。

掴むタイプ

持ち手がなくブラシ全体を掴むタイプは、ブラシ面が大きいため効率的にブラッシングをすることができます。また、ブラシに加えた力が均一に分散するので、使いやすくなっています。

携帯タイプ

バックに入れて持ち歩けるので、いつでも衣類のお手入れをすることができます。なるべくコンパクトで厚みのないものを選ぶようにしましょう。

衣類を長持ちさせる使いやすい洋服ブラシおすすめランキングBest7

ここでは、使いやすい洋服ブラシをランキング形式で紹介していきます。大切な衣類を長持ちさせるためにも使うシーンにあった洋服ブラシを探してください。

1位高級洋服ブラシ(イシカワ)

価格 54,000円((税込み)
備考 ブラシの素材:馬毛

馬の尻尾の根元部分だけにしかない希少価値の高い毛を使用してる最高級洋服ブラシです。柔らかさがありながらコシも兼ね備えており、カシミアや絹などの高級素材の衣類に力いっぱいブラッシングしても生地を傷めることはありません。持ち手のない設計で、ブラシをかけるときに力が均一に伝わります。日本だけでなく、海外からも高評価を受けている一品です。

2位:カシミヤ用ブラシ №103(江戸屋)

価格 7,560円(税込み)
備考 ブラシの素材:豚毛

厳選された白豚毛を使用しており、カシミヤ、和服、毛皮、シルクなどのデリケートな素材に適した洋服ブラシです。ミンクの毛皮にも使うことができます。二段植毛という特殊な毛の植え方がされているので、力を入れ過ぎても生地を傷めることがありません。ブラシ面が大きく、効率良くブラッシングをすることができます。柄の部分はエンジュ材を使っており、軽くて持ちやすくなっています。

3位:静電除去服ブラシ XLサイズ IKC-3822(グランドイケモト)

価格 3,930円(税込み)
備考 ブラシの素材:馬毛

しなやかな毛先と弾力性を兼ね備えた白馬毛を使用しており、高級素材の風合いを損ねることなくブラッシングができます。また、中央部分には静電気除去繊維を混毛してあるため、ブラッシングするだけで静電気を押さえて、服地に吸い寄せられた小さなホコリまでしっかりと取り除いてくれます。ブラッシング後も静電気は除去されているので、空中に漂っているホコリを寄せつけません。柄の部分は天然のチェリーウッド材を使用しています。

4位:東急ハンズオリジナル 万能洋服ブラシ(ハンズオリジナル)

価格 5,940円(税込み)
備考 ブラシの素材:馬毛、豚毛

東急ハンズオリジナルの万能タイプの洋服ブラシです。硬さの違う上質な馬毛と豚毛を使用しているため、織り目の詰まったスーツやウールのセーターからカシミア、着物などのデリケートな生地まで幅広く使うことができます。上品なフォルムで持ち手も握りやすく、こだわりのある形状になっています。

5位:洋服ブラシ 手植え水雷型(ブラシの平野)

価格 28,840円(税込み)
備考 ブラシの素材:馬毛

伝統的な手法「手植え製法」で作られた丈夫な洋服ブラシです。上質なキメが細かい馬毛を使用しているため、カシミア、毛皮、着物などのデリケートな生地にも安心して使うことができます。毛足も55ミリと長く、微細なホコリもしっかりとキャッチしてくれます。持ち手はないのですが、手のひら全体で掴んで軽く持つことができます。プロのクリーニング屋さんからも太鼓判を押されている商品です。

6位:カシミア & ウールケア 洋服ブラシ CS7A(KENT)

価格 6,000円(税込み)
備考 ブラシの素材:豚毛

ブラシの中心は黒豚毛、周囲は白豚毛、柄の部分は英国森林委員会承認の天然のサクラ材を使用しています。毛足が長く柔らかいため、カシミアからウール製品までオールマイティに使うことができます。丸くて大きなブラシ面で、効率よくブラッシングができると評判です。ブラックとホワイトのブラシ部分のコントラストは伝統的な英国のブラシのカラーとなっています。

7位:ブナ材洋服ブラシ(無印良品)

価格 890円(税込み・送料別)
備考 ブラシの素材:豚毛

コシのある豚毛を使用しているので、スーツ、制服、コートなどのお手入れに重宝する洋服ブラシです。また、セーターの毛玉や毛羽立ちをスッキリと取り除いてくれます。柄の部分は天然のブナ材から作られいて、丸みを帯びたフォルムは使いやすく、ぴったりと手に馴染んでくれます。価格もお手頃価格で、クローゼットの中に吊るして保管ができるので、毎日のブラッシングケアにおすすめな商品です。

まとめ

大切な洋服は毎日のブラッシングでグンと長持ちさせることができます。また、クリーニング代も浮くので経済的にもお得になります。是非、洋服ブラシを手に入れてブラッシングケアを習慣にしてみてください。この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です